こんにちは!

今日は産後の骨盤矯正についてです

 

これは、お医者さんの言うことや、整体師さんの方の言うことが食い違ったりしていて、迷う方もいるのではないでしょうか。

私なりの考えを書いて、少しでも悩んでいる方の参考になれば嬉しいです

赤ちゃんを産む時にはホルモンの影響で体の靭帯が緩んで出産しやすい体になります。

出産後に骨盤の不安定な状態で腰が痛いとき、「骨盤矯正」が効くなら受けたくなりますよね

しかし、あるお医者さんが言うように 人の力でちょっと押したぐらいで治るなら、すぐにまたズレて痛くなる というのは、正しいです

それだったら単にベルトで抑えていた方がまだ効果が高そうです

しかし、骨盤がずれている状態でベルトをしても痛いのはそんなに変わらないのではないでしょうか?

もう少し具体的に言うと、反り腰の人の仙骨が後方に行ってる場合や、 逆にまっすぐな腰の人の仙骨が前方に行ってる場合などです

こうゆうときは痛いと思うので、優しく矯正してからバンドで固定したほうが効果が良いと思います。

そういった意味で骨盤矯正は必要かなと思うのですが

特に痛みもない場合は様子を見ても良いんじゃないでしょうか

ベルトをしたほうが良いか、しない方が良いかは難しいですが

話がそれますが私は仕事で捻挫とかを見る機会があります。

靭帯が部分的に切れて不安定な状態であればテーピングとかではなく、しっかりと固定します。

靭帯がゆるんだまま治癒過程を終えてしまうと、自力ではもう元に戻らないからです。

靭帯がゆるんだままの関節は痛みを出しやすいです

そういう意味で、私はベルトはやったほうが良いのではないか、と思っています

体型はみんな違いますので、既製品のベルトが合わない方などは「さらし」を一度試してみても良いと思います。

個人差があるみたいですが、3カ月~6カ月くらいで体が元に戻ってくるので、ある程度、靭帯が強度を持ってくれば固定も必要ないと思います。

ただ、体の状態によっては固定が強すぎたり、固定しないほうが良い場合もありますので 一度、かかりつけのお医者さんに診てもらう必要があります

 

また、産後にお腹が出ているのを気にして腹筋をたくさんやる方がいますが、これは注意したほうが良いです。

骨盤底筋という骨盤の下を支える筋群があるのですが、内臓などを支える役目もあります。

出産後に腹筋をして内臓を圧迫してしまうと、より骨盤底筋への圧が強くなり逆効果です。

まずは骨盤底筋の再教育から始めましょう。

それでは!